成長期かかとの痛み(シーバー病)

踵に痛みがあり成長痛とも言われるシーバー病

170129_2.png

10歳前後の男の子に多く起こります

成長期の子供の踵(かかと)は

しっかりとした骨ではなく

間に骨端核という場所があります(下図の緑の部分)

シーバー病.jpg

 

 

この部分がアキレス腱足裏の筋肉に引っ張られて炎症が起こります

運動のやり過ぎでも起こりますが

足首の柔軟性使い方が良くないと踵骨骨端核が引っ張られやいので痛みが出ます。

予防としてはアキレス腱・足底腱膜(足裏)のストレッチやマッサージです。

動きの問題点としてはジャンプや着地で上手く体重の衝撃を逃がせるように足の使い方が

良くなればグッドです。

基本的には安静、ストレッチで改善できると思います。