ブログ

2020/06/12

リリースの押し込み感覚

リリースの押し込み感覚

大きいボールを投げるとリリース時の

押し込む感覚や

ボールを前で投げる

叩く

などの感覚が良くなる!

 

野球ボールをなでるよに投げたり

肘が下がったりする人にはおススメの練習内容になります。

野球ボールの場合はぬける感じはわかりにくいですが

ボールが大きくなるとその感覚がわかりやすく修正も行いやすいです。

ボールの大きさはドッジボールか

小学生以下でしたらハンドボールがおススメです。

片手でボールを掴んで腕を回しても落ちない大きさがグッドです!!

 

最初は難しいので地面に投げてボールを真上に高くバウンドするように投げ

徐々に角度をつけて正面に投げると良いです。

 

ボールの回転も見やすいので

スライダーやジャイロ系の回転だともしかしたら

リリース時に指に引っかからないで抜けている可能性があります。

その回転でも指にひっかかる感覚があれば大丈夫ですが

ひとつの参考にしてみて下さい!!

 

感覚を良くするメニューなので投げすぎないようにしてください!(^^)!

2020/06/11

熱中症について

熱中症について

大きくわけて3つあります。

 

熱痙攣

大量の汗で失った水分と塩分の不足で筋肉の痙攣(けいれん)が起こります。

 

熱失神

頭痛やめまい、倦怠感(けんたいかん)が起こります。

 

熱射病

体温が40℃近く上がり汗が出なくなり、体内の血液が凝固して臓器に障害が起こります。

血圧や脈拍が上がり昏睡状態に陥る。極めて危険。

 

人間には体温を調節する機能がありますが、長時間高温下での運動をすると

水分や塩分をしっかり摂取しても体温が下がらず熱中症になる事があります。

なので涼しい所で休む事がすごく大事です。

 

それと、熱中症になった時に

脇の下、股下、首にアイシングすると体温を下げれると言われています。

が、

最近の研究結果では大きな血管を冷やしても体温(深部体温)は全然下がらないとなっています。

 

早く体温を下げる順番で言うと

2℃の氷水に首から下までほぼ全身浸かる

15℃の水に首から下までほぼ全身浸かる

15℃の水をシャワーのように全身にかけ続ける

バケツに入った2℃の氷水に手と足をつける

扇風機で全身を冷やす

首・脇・股下にアイシングをする

 

大きな動脈を冷やすよりは全身の皮膚にも血管があるので

そちらを冷やす方が早いんです。

 

0811_ph1-640x360.jpg

一番上の2℃の氷水で浸かるのも

深部体温を2℃下げるために20分~30分ほど浸からなければなりません。

重度の場合はいち早く体温を下げなければなりませんので

そばにいる人の判断が大事になります。

 

 

久しぶりの運動の場合、発汗昨日の低下もありますので

十分に気をつけて運動するようにしましょう。

 

2020/06/10

本棚を模様替え

本棚を模様替え

最近の漫画は面白い!

ってことで少しですが漫画を置きました。

インスタで募集した結果の漫画です。

体の事に関しての雑誌もこれから置こうと思います。

少しだけ雰囲気が変わったかな(#^.^#)

2020/06/09

キャンパーズミーティング新チーム設立?

545.jpg

 

昨日のキャンパーズミーティングです。

新しいチームの設立、テクニカルピッチの活動に向けて話合いました!

小学生で野球を辞める人が多いので

中学生~大人のチームを作ろうと思っています。

少しでも野球の楽しさや、年齢の違う人と野球をすることで

違った視点から野球を見てほしいからです

辞める人のほとんどの理由が

疲れた

縛られたくない

練習がきつい

遊ぶ時間が欲しい

他の競技をやってみたい

などと思います。そのような人たちの活動場に出来ればと考え中です!

メリットや活動内容などお話していますので

ぜひお聞きください!(^^)!

 

https://teeballer0707.com/2020/06/08/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ab%ef%bc%92%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e5%89%b5%e8%a8%ad%e3%81%8b%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e/

2020/06/08

野球肩後方の硬さ

野球肩後方の硬さ

ボールを投げた時には必ず肩の後ろの筋肉(棘下筋)(小円筋)がブレーキの筋として働くので硬くなります。

肩の後方の硬さが強くなると投球障害のリスクが高まってきます。

主に肩前方に痛みが出たり、肘に痛みが出ます。

 

肩の後方が硬くなる原因は

・投げすぎ

・不良のフォームで負担が大きい

などで拘縮が強くなります!!

 

そこで毎日行って欲しいストレッチがこれです。

1.横寝の体勢で伸ばしたい側の腕を下にします

2.自分の体と垂直になるように腕を前に出して90°肘を曲げます

3.反対側の手で伸ばしたい腕の手首をつかむ

4.つかんだらゆっくり伸ばしたい腕を床に押しつける

 

srhd.jpg

※ゆっくり痛みが無い範囲で行ってください!

このストレッチで肩の後方の筋が伸びますが、親指が床に届くぐらいの柔軟性は必要です。

試しに投げない反対側も同じようにしてみて下さい!!

左右差があるのがわかると思います!(^^)!

 

30秒の3セット。毎日行いましょう!

投球障害の予防になります。

1 2 3 4 5 6