ブログ

2020/03/07

野球肘

野球肘

今回は小学生、中学生に多い野球肘のことです。

野球肘

大きく分けて内側型・外側型があります。

小学生・中学生・高校生では肘関節の部分がしっかりとした骨ではなく

軟骨成分が残っています。

内側では骨や靭帯に引っ張られての炎症!

外側では関節面がぶつかっての炎症!

 

図1.png

 

基本的には痛みが出た段階で休めば改善しますが

問題は外側型です。外側の野球肘は進行していても痛みが無いことが多く

痛みが出た頃にはかなり進行していて手術が必要な場合もあります。

その為、定期的な検診やメディカルチェックで早期発見が一番の予防です!

 

野球肘になるには3つの要素があり

①投げすぎ

②動作的な問題(スローイングや投球フォーム)

③機能的な問題(柔軟性の欠如や筋力不足)

などが考えられます。

 

自分でできるセルフチェックをします。

 

両肘がしっかり伸びるかチェック、左右差を見て

しっかり伸びてない腕は症状が進行している可能性があります

IMG_4592.JPG

 

 

手を肩にくっつけて肘を曲げます

左右差を見て症状が進行している肘は

しっかり曲げれない、肩を触れない、深く曲げると肘に痛みがあります

IMG_4601.JPG

 

参考にしてみてください!