ブログ

2020/04/04

上気道感染症(スポーツ選手に多い風邪)

上気道感染症(スポーツ選手に多い風邪)

上気道感染症、聞きなれないですね(^^;)

風邪やインフルエンザなどの症状で

咳や鼻水、咽頭痛、発熱、倦怠感などがあります。

免疫力が下がると上気道感染症になりやすいです。

コロナウイルスもこれにあたります。

 

前回もお話ししましたが高強度や長時間のトレーニングでは免疫力が下がると研究結果もでています。

しかし、中程度の運動では免疫力が上がるとの結果があります。

気を付けなければならない運動は

①高強度

体力回復に免疫細胞が移動するため粘膜などが守られなくなる

 

②高地滞在

低酸素状態が続くと免疫細胞が減る

 

③脱水や減量

体が脱水状態だと体にかかる負担がかなり大きくなる。

 

④無月経アスリート

女性ホルモンのエストラジオール(卵胞ホルモン)の低下で

免疫力が下がる。

など

 

 

しかし、免疫力の低下を抑え事も可能です。

それは

運動後にマッサージや鍼治療です!

高強度の運動後にマッサージや鍼をすると免疫機能の回復が早まる結果がでています。

 

ちなみに免疫の低下を調べる時は口腔内の粘膜から調べています。

 

そしてビタミンの摂取です。

ビタミンAは免疫低下を抑える働きがあるので

運動前に摂取するのがよいです。

 

もう一つが乳酸菌B240です。

乳酸菌B240の継続摂取で免疫力の低下を抑え、上気道感染症予防できると研究結果もわかりました。

実は乳酸B240は大塚製薬が出している飲料水にありました。

61iWKCeCW4L._AC_SL1001_.jpg

 

コロナウイルス対策にも良さそうですね。

毎日、日頃から適度な運動と乳酸菌を摂取で

この危機を乗り切りましょう!(^^)!