ブログ

2020/04/11

槍投げ(ジャベリックスロー)

槍投げ(ジャベリックスロー)

一時期、オリックスの山本由伸選手が練習でジャベリックスローを取り入れて話題になっていました。

野球のピッチャーがボールを投げる時に、投げる側の腕を後ろに伸ばす『アーム投げ』は

故障の原因になると言われている事もありましたが、

槍投げではまさにアーム投げの動作になります。

しかし、山本由伸選手はその投げ方で世界のバッターにまで通用するボールを投げ込んでいます。

 

どれが正しいとか悪いとかは自分がやってみて決めると良いんじゃないかなと僕は思いますので

実際にジャベリックスロー購入して使用しました。

8844.jpg

結果、良かったです。

腕をしっかり伸ばして体を大きく使うと真っすぐ飛んでいきますが

アーム投げに対する『肘抜き』の投げ方では槍は飛んでいきません。

ピッチャーがボールを投げる際には体の大きな筋肉を上手く使える人が

スピードも出て、ケガが少ないです。

 

ジャベリックスローでは体を大きく使い、胸郭を広げ、下半身の踏ん張りが必要なので

トレーニングや肩肘を痛めている人のリハビリに使えると僕は思っています。

ボールより重さがある分、体を大きく使い

肩関節の求心性(肩が抜けたり脱臼方向に行かない)を働かすために良い動きになります。

投げ過ぎは良くないですが(^^;)

 

投球フォームの良い悪いを見る際は、リリースの瞬間を見て

ボールが抜けたり指に引っかかっていない、があった場合に逆算して考えるのがいいです。

 

世間では良くないと言われているアーム投げやトップで肘が下がっているなどありますが、

リリースの時にはしっかり肘が上がっていたり指にかかった強いボールを投げれる人もいるからです!!

みんな体の硬い場所や筋力、動かし方は様々です。

ピッチャーを指導する際はその選手の投げやすい位置が必ずありますから

自分の理想の投げ方を強要しないように僕はしています。

上から今まで投げていたがサイドスローに変わって球速が20キロ上がった人もいますからね(^^;)

 

近い将来、左投げのアンダースローでNPBで活躍する選手が出てくることを期待しています!(^^)!