ブログ

2020/05/09

かっけ(膝蓋腱反射)

かっけ(膝蓋腱反射)

一度はみなさんも経験したことはないでしょうか!!

膝下を叩くと足がかってに飛び上がる現象。かっけ(膝蓋腱反射)と言われてます。

これは無意識で起こる反射なので、過剰に出る人、出ない人で病気の予想ができます。

実は医療現場では膝蓋腱反射を使い事が多いです。

 

・反応しない人、弱い人

腰椎椎間板ヘルニア、糖尿病など

 

・反応が過剰に出る人(勢いよく足が飛び上がる)

脳梗塞や脳血管疾患など

 

僕の院でも腰部の痛みで来院する患者さんがいますが、整骨院ではレントゲンやMRIなど機器がありません。

その為、腰部の痛みは筋損傷の痛みなのか神経損傷の痛みなのかを判断するために膝蓋腱反射を使用します。

特に座骨神経痛の疑いがある場合は痛みが出ている原因の箇所を特定するために他の検査も行います。

腰椎の何番目にある神経絞扼(狭くなっている)の疑いがあるなど。

それがわかればアプローチの仕方も変わるからです。

 

他にもアキレス腱や肘周辺、いろんな所に反射で検査する所があります。

自分でやる場合は強く叩きすぎないように(^-^;