ブログ

2020/05/28

ウォーミングアップのメリット

ウォーミングアップのメリット

ウォーミングアップは何の為にしますか?

 

・ウォーミングアップの目的は試合や練習で最高のパフォーマンスを出す事。

・ケガしないように競技をすることです。

今回はそれに関してもう少し深くお話したいと思います。

 

競技やスポーツをする時には速く・強く筋力を発揮する必要があるので

ウォーミングアップでは筋温を高くする・心拍数を上げるのが大事になります。

心拍数が上がると交感神経が強く働くので筋肉の力が発揮しやすくなります。

筋を伸び縮みする事で動いたり止まったりの動作がしっかりできて

うまく伸ばす事ができるのでケガのリスクが減ります。

 

ストレッチは大きく分けて二種類あり

動的ストレッチ(反動をつけたりジャンプをしたりする動き)

静的ストレッチ(反動を使わないでゆっくり伸ばす)

がありますが、

先ほどの目的を考えればどちらが良いかわかりますよね。

動的ストレッチですね。

 

動的ストレッチの代表例がブラジル体操です!結構昔ですが(^-^;

イメージとしては弾んだり股関節を歩きながら回したりなど

動きながら筋肉にストレッチを入れます!

意外と意識されてませんが心拍数も大事で、ある程度汗をかいて競技に挑むと体が動きますが

しばらく座って休んでいると心拍数も正常時に戻り、そこから競技に移ろうとした時には体が動きにくいと感じるはずです!

 

静的ストレッチの場合は練習や試合後に緊張した筋肉を緩めるようにゆっくり伸ばすストレッチをします。

ゆっくり伸ばす事で副交感神経が優位になり心拍数も正常に近くなります。

 

ってことは試合前には静的ストレッチはあまり良くないってことです。

この使い分けやタイミングが選手のパフォーマンスにつながるので

自分は股関節の動きが苦手、肩回り、腰回りの動きが悪いと感じれば

それにあったウォーミングアップができるってことです!

ぜひ、自分だけの調整法を探してみましょう(#^.^#)