ブログ

2020/05/30

投球動作での肘下がり

投球動作での肘下がり

ボールを投げる際にケガのリスクの多い肘下がりですが

昨日のセミナーで議論がありました。

やっぱり改善する方向にもっていきますが、単純に肘を上げる意識では難しいです。

その選手の投げやすい位置が肘の下がったフォームになっているため、

他の所を修正しようとすれば別の問題も出てくる。

ある程度の知識と経験そして多くの引き出しが改めて必要だなと感じました。

僕の場合はまだまだ経験が少ないので選手の声掛けが一番たいへんです!!

投げる動作はほとんど感覚なので、選手にどのように伝えれば良いフォームに近づけれるか考えます。

この選手にはこのアドバイス、あの選手にはまた違ったアドバイス。

引き出しも必要なのと選手を見る力の必要も感じます!

言葉で伝わる人もいれば動きで伝わる人もいる。

 

今回のセミナーではそれぞれのアプローチをすごく学べたので

すぐに選手に還元できるようにしたいと思います。

まだまだやっぱり勉強の必要性を感じました(#^.^#)

 

ちなみに今週は6つのオンラインセミナーがあります(^^;)

沖縄でもこのように勉強できる環境があるのは良いことですね!