ブログ

2020/06/05

ドッヂボール

ドッヂボール

子供の時ならだれでもやったことのあるスポーツですが

成長の理にかなったスポーツなんです。

 

センスが良い、運動神経が良い、反射神経が良いなど言われてますが、

投げる・避ける・キャッチする・跳ぶなどの動作がドッヂボールにはあります。

それとは他に球技の特性で空間の認識の能力も養えます。

どのくらいで自分の所にボールが来る、取れる、避けれるなど

神経が筋肉に指令してそれを瞬時に動かす事が出来ます。

これがいわゆる運動神経が良いと言われる人の特徴です。

 

最初の内はボールをパスしても手の動きが追い付かずに取り損ねますよね。

しかしこの運動を続ける事で神経の動きが良くなり、自分の思った通りに動かせるようになります!!

 

以前もお話しましたが小学6年生頃までが神経系の発達がピークを迎え、

それ以降は動作を覚えるのに時間がかかると言われています。個人差はあります。

 

なのでドッジボールは良いことだらけですね!(^^)!

 

僕の小学校はドッヂボールのコートがあり休み時間に毎日していました。

気が付けばサッカーをしていて、キャプテン翼の洋服までつけてました。

そしてまた気がつけば野球をしてました(^-^;

 

今となれば好きなも事を自由にさせてもらえた親に感謝しています!

野球が嫌いな時期もありましたので今度そのことについて書きますね!!