ブログ

2020/09/12

ウエイトボール

ウエイトボール

300gのサンドボールを使用して肩周辺の練習を紹介します。

二種類の投げ方を紹介します。

 

右投げの場合は普通、三塁側を向きますが今回やるのは一塁側を向きます

上半身をしっかり捻って上半身の回転を使って投げる感覚をみにつけます!!

014.jpg

 

体を左に回転させて肘が目的の方向まで来たら、あとは肘を伸ばしてリリースするだけです。

 

012.jpg

 

 

 

次は正面投げです。

013.jpg

投げる方向に体を正面に向け

上半身を捻りながら投げます。

これも先ほどと同じように回転して投げる方向に肘が向いてきたら肘を伸ばしてリリースを向かえます。

 

イメージとしては腕は振らな

体を振って、結果、腕が振られる感じができればOKです。

 

重たいボールを使う理由としてはリリースの時に手首がしっかり立っていないと投げれないのと

指に引っかかる感覚を強化できるからです。

投げる強さは50%ぐらいがちょうど良いです!

それに加えて肩回りのインナー強化も行えます。

 

ウエイトボールはむやみに強く投げると肩や肘の故障の原因となりますが

目的を持てば最強の野球ギアになります。

 

お試しください!

 

https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

がねこ整骨院で検索