ブログ

2020/11/04

体大きく使って投げる

体大きく使って投げる

体を大きく使って投げる練習です

ドッジボールのように少し大きめのボールを使用します

110.jpg

理由は腕の力で投げれないので

自然にからだ全体と、連動性を使う練習になります

 

投げるだけですが

ボールが大きい為、1球ごとに手や指の感覚、ボールの回転軸が少しでもズレるとすぐにわかります

体の連動性に少しでも違いがあればリリース時に大きなズレがでるので

ボールの回転軸が変化します

野球ボールだと小さいので多少のズレが出ても腕先でコントロールできますし、

ボールの質が少し変わっても気づきません

なので

再現性を高めるトレーニングにもなります

 

投げるとわかりますが前腕がパンパンに張ります

これはボールに力を伝えたリリース時に手首・指の前腕筋がしっかり働いているからです

この筋が働かないとボールは上に抜けますし

逆に働くとボールに強いスピンがかかるようになります

 

また、大きいボールは腕を強く振りにくいので

肘や肩の障害予防にもなります

 

 

 

大きいボールを投げるメリットは

・体を大きく使える

・連動性の確認

・回転を見る事で再現性を養う

・リリース時のピンチ力(指の力)

です

 

※ 全力で投げないようにしてください

フォームが崩れて腕に頼ると肘や肩の故障する場合があります

上記の4つの目的を参考に練習してみて下さい!(^^)!

 

 

 https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索