ブログ

2020/11/04

体大きく使って投げる

体大きく使って投げる

体を大きく使って投げる練習です

ドッジボールのように少し大きめのボールを使用します

110.jpg

理由は腕の力で投げれないので

自然にからだ全体と、連動性を使う練習になります

 

投げるだけですが

ボールが大きい為、1球ごとに手や指の感覚、ボールの回転軸が少しでもズレるとすぐにわかります

体の連動性に少しでも違いがあればリリース時に大きなズレがでるので

ボールの回転軸が変化します

野球ボールだと小さいので多少のズレが出ても腕先でコントロールできますし、

ボールの質が少し変わっても気づきません

なので

再現性を高めるトレーニングにもなります

 

投げるとわかりますが前腕がパンパンに張ります

これはボールに力を伝えたリリース時に手首・指の前腕筋がしっかり働いているからです

この筋が働かないとボールは上に抜けますし

逆に働くとボールに強いスピンがかかるようになります

 

また、大きいボールは腕を強く振りにくいので

肘や肩の障害予防にもなります

 

 

 

大きいボールを投げるメリットは

・体を大きく使える

・連動性の確認

・回転を見る事で再現性を養う

・リリース時のピンチ力(指の力)

です

 

※ 全力で投げないようにしてください

フォームが崩れて腕に頼ると肘や肩の故障する場合があります

上記の4つの目的を参考に練習してみて下さい!(^^)!

 

 

 https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索

 

2020/11/02

12月で3周年を迎えます

12月で3周年を迎えます

来月の12月でがねこ整骨院

3周年を迎えます!(^^)!

 

皆様に何か還元できるように企画中です

昨年はハガキを通してお知らせしましたが

今回はLINEから送る予定です

 

登録まだの方はお願い致します!!

 

https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索

2020/10/31

筋膜リリースで可動域up

筋膜リリースで可動域up

当院では希望があればカッピングを使用して

筋膜リリースを行います

 

可動域upや柔軟性の向上が期待できます

筋膜とは皮膚と筋肉の間にある膜のことです

108.png

 

イメージとしては鶏もも肉の皮をはがす時に肉の間にある薄い膜です

 

この膜の癒着が強いと筋肉はうまく滑走(動く)できません

癒着が筋の運動を妨げています

 

ストレッチで伸ばした筋肉はその日で硬さが戻る事もありますが

筋膜リリースで一度癒着を取れと、しばらくは可動域が持続します

 

ただ、少し痛いです(^^;)

施術を受けている時にわかりますが癒着が強い所は

ゴリゴリします!少し痛みもあります

106.jpg

 

 

疲れを速く取りたい、メンテナンスとして定期的に行うと

ケガ予防にもつながります

希望の方は連絡下さい!(^^)!

 

 

https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索

 

 

2020/10/30

目指せ6秒台

目指せ6秒台

今月から急にスタートしました

50m走6秒台を今年中に出す目標を立てています

走りの学校の和田賢一さんのセミナーを受けてやる気がでました!(^^)!

 

走る動きには2つあり

・ラン

・スプリント

があります

 

それぞれ走り方が違うと知ったのは衝撃でした

 

今まで速く走ろうと足を前に出したり、地面を強く蹴る意識をしていましたが、、、

間違っていました(^^;)

 

スプリンターの走りを見ると共通して自分と違う所があります

自分の場合は走って地面に足を着く際に体の前で着地しています

これは前に進む動きをブレーキしていて遅い走りになります

 

その修正として両手を上げて走る練習をしました

105.jpg

 

腕を上げると前で足を着地する事ができません

真下に足を降ろして地面の反発をもらう事ができます

また、前で着地をしていないのでブレーキが利かずに

かってに足が進みます!(^^)!

ぜひやってみて下さい

 

楽に前に進める感じがあり

今までの走りにブレーキかけていたと実感できました!!

 

ただ、野球の走りと陸上の走りは若干違う所があります

・盗塁では横を向いてスタート

・外野では体を捻りながら走る

・塁間走は体を傾けるなど

共通する所は取り入れながら

その点も考え勉強して自分の体で体験して

野球で足の速くなる技術を子供たちに伝えたいと思います

 

 

https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索

2020/10/29

前回の続き(踏み出し脚編)

前回の続き(踏み出し脚編)

前回に続いて傾斜台を使用して

今度は踏み出し脚に置いています

 

踏み出し脚に置く目的は股関節に体重をのせる事が感じやすくなります

良く言われる下半身で投げろなどは

この踏み出した足を使える事が条件になります

 

もう一つの目的は体の開きが速い人の矯正になります

開きが速いとは、踏み出した足の股関節が回転する前に上半身の回転が始まる事です

 

まずはトップを先に作って踏み出し脚(左足)を傾斜台にのせます

101.jpg

 

次に右足で軽く地面を蹴り前に移動して

左の股関節を回転させて(内旋)体を引き寄せます

左の股関節を動かす事が大事です ←これ、すごく大事

上手く動かすと上半身が回転してきます

102.jpg

 

最後のフィニッシュで踏み出し脚(左足)で体重をささえてバランスを取ります

103.jpg

この形ができると左の股関節が突っ張るのがわかります

その感覚があれば上手く使えている証拠ですね!(^^)!

 

それと同時に投げ終わりに右足が上を向きます

オーバースローの人ほど右足が天井向けると下半身を上手く使えている事になります

自然に上がってきます!!

 

体の開きが速かったり

体重をのせにくい場合におススメです!

 

 

https://lin.ee/gJzQ2zo

休日の早朝のテーピング・治療・大会でのアクシデントの為、手当てが必要など

閉院中も対応致します。LINE通話をご利用ください。

 

フェイスブック・インスタでは動画の投稿もしてます。

 

 

 

 

がねこ整骨院で検索

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...